INTERVIEW

img

01

社員の絆が強いこの会社で、
皆で難題を乗り越えていく。

2016年2月入社
フィールドディレクター

坂井 純

imgimg

会社の成長性と
社長の人柄に
惹かれ、
異業種から入社

前職は金融機関に勤めていましたが、会社の成長性と社長の人柄に惹かれ、中途で入社しました。入社後は営業として、商品(不動産)を購入して商品化し、売却するという一連の作業をすべて担当しています。仕事をしていて嬉しい瞬間は、一連の作業が全て完了した時ですね。それまでの道のりが大変であればあるほど「良かったな」という実感が強まります。扱うものが不動産なので、現場に行けば自分が担当した物件を目で見ることができるのも嬉しいところです。現場に大きなビルが建っているのを見て、「自分が苦労したからこのビルが建ったんだな」と思うと感慨深く、やりがいを感じます。

img

失敗を恐れずに、
挑戦する土壌がある

会社の特徴を一言で表すなら、「家族的」という言葉がしっくりきます。同僚や友人以上の強い絆が常にあって、家族に近い印象。そこが我が社の強みだと思います。仕事ですから、数字を上げることは必要です。そこは厳しさもあります。でも、困ったことがあったらみんなで乗り越えていこうという感覚が社内にあります。一人ではできなくても、みんなで知恵を出し合ってチームでがんばろうという雰囲気がありますね。自分が担当している業務は、すべてうまくいっているものばかりではありません。特に新しいことに取り組むときには、うまくいかないこともあります。担当としては申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、社長には「これを経験したから次に生かせるよね」と言ってもらい、とてもありがたかったです。失敗しないと成功もしない。失敗を恐れずにチャレンジしようとする土壌があります。

imgimg

営業職に必要なのは、
人に好かれる人間性

営業という仕事は、いろいろな人と関わることで成り立っています。ですので、営業職でまず必要なのは「人にかわいがられる人間性」だと思います。見た目や話し方、雰囲気など要素はいろいろあると思いますが、多くの人に受け入れてもらえる「人としての素質」のようなものが大事なのではないでしょうか。その次に、コミュニケーション能力。最後が「地頭」。あとは、営業職に限らずどんな仕事もそうだと思いますが、若干の忍耐力も必要かなと思います。これから入ってくる人には、どんなことでもいいから何か一つ、強い気持ちや目標、夢を持っていてもらいたいですね。壮大なビジョンじゃなくても、身近なことでもいいです。「自分はこうなりたい」「こうありたい」といった、心に秘めているものがある人と一緒に働きたいですね。

ブランチ・オフィスで
未来を紡ぐ仕事を